MENU

【SEOキーワードツール】Googleキーワードプランナーの登録方法と無料の使い方〜2020年最新〜

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、Webデザイナー&マーケターのMariko(@revedesign_m)です。

キーワードプランナーとは、Google広告出稿するための広告ツールです。SEO対策をするためのキーワード調査のツールとしてもよく使われています。

今回はこのキーワードプランナーの使い方について詳しくご説明していきたいと思います。
キーワード選定の方法については、以下の記事をご覧ください。

この記事はこんな方におすすめ
  • Googleキーワードプランナーの登録方法を知りたい。
  • Googleキーワードプランナーの使い方を知りたい。
  • Googleキーワードプランナーでできることを知りたい。
CONTENTS

Googleキーワードプランナーの登録方法

キーワードプランナーの使い方の前に、まずはキーワードプランナーの登録方法についてステップごとにご説明していきたいと思います。
※登録が済んでいる方は「Googleキーワードプランナーの使い方」からご覧ください

STEP
Googleアカウントを取得する(無料)

Googleアカウントをお持ちでない場合は、まずGoogleアカウントを作成してください。
既にGoogleアカウントをお持ちの方は、STEP2に進んでいただければと思います。
Googleアカウントの作成について詳しく見る

STEP
Google広告のアカウントを作成する

Google広告のホームページにアクセスし右上の「今すぐ開始」をクリックします。

google広告のアカウント作成

STEP1で作成したGoogleアカウントにログインし、「新しいGOOGLE広告アカウント」をクリックします。

STEP
仮の広告を登録する

Google広告は、本来は広告を出稿するためのツールなので、キーワードプランナーを使用するには、仮で広告を登録する必要があります。

広告の目的

まずは広告の目標を選択します。「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」をクリックして「次へ」。

ビジネスの説明

次に、お店やサービスの名前を入力しして「次へ」。

サイトのURL

サイトのURLを入力して「次へ」。

google広告のプレビュー

ここまで進むと、ユーザーが広告をクリックした時に表示されるサイト(先ほど入力したサイト)のプレビューが表示されます。「次へ」をクリック。

広告を作成

ここからは広告文を作成します(仮で大丈夫です)。それぞれ、「見出し」と「説明文」は同じものが入っているとエラーで進めまないので、異なる文章を入れましょう。
入力できたら、「次へ」。

広告を出すつもりがなくても、入力する必要があります。

広告のキーワードテーマを選択

広告を表示するためのキーワードのテーマを入力します(仮なのでなんでも大丈夫です。)。
キーワードを入力したら、「次へ」。

広告を配信する地域

広告を出稿する地域を入力します。通常はターゲットが住む地域を選択しますが、今回は仮なのでなどこでも大丈夫です。登録が終わったら「次へ」。

広告の予算を選択

最後に広告の予算を選択します。とりあえず、一番低い金額を選択します。
後からオフにすれば請求は来ないのでご安心ください。

広告を出すつもりがなくても予算を設定する必要があります。

広告の確認

入力漏れがなければ「次へ」。

キーワードプランナーの登録

支払い情報を入力します。クレジットカードの入力も必要なので躊躇するかもしれないですが、登録後すぐに広告配信を停止すれば問題ないです。住所やカード情報を登録したら「次へ」。

カードの承認手続きのために一時的に課金されるかもしれないですが、一週間以内に取り消されるので大丈夫です。

google広告の設定完了

Google広告の設定はここで完了です。続いて「キャンペーンを確認」をクリックします。

STEP
課金されないよう、キャンペーンを停止する
google広告キャンペーンのキャンセル

赤枠の部分で「キャンペーンを一時停止する」を選択します。

 google広告キャンペーンの停止

確認画面が出てきますので、「キャンペーンを一時停止」をクリックします。

この作業を忘れると、広告が出稿されて料金が発生してしまうので、必ず停止をしましょう!

google広告フィードバック
STEP

「フィードバックをお寄せください」の画面に遷移しますが、こちらは×で閉じて問題ないです。
ここまでで、キーワードプランナー を使うための事前の登録作業は完了です。

STEP
キーワードプランナーに登録する
キーワードプランナーの使い方

右上の「設定」で「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

エキスパートモードに切り替える

確認画面が表示されるので「エキスパート モードに切り替える」をクリック。エキスパートモードでは画面のレイアウトが変わります。

右上の「ツールと設定」(左側の画像参照)をクリック後、「プランニング」の「キーワードプランナー」(右側の画像参照)をクリックします。

キーワードの見直し

キーワードプランナーの画面に移行します。確認画面はガイドを確認したい場合は「今すぐ試す」をクリックもしくは×で閉じても問題ないです。
ここまででキーワードプランナーの登録は完了です。

Googleキーワードプランナーの使い方

登録が完了したら、いよいよキーワードプランナーを使ってみましょう。

キーワードプランナーでは、「新しいキーワードを見つける」機能と「検索ボリュームと予測のデータを確認する」機能があります。
ひとつずつ順番に使い方を解説します。

キーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」の機能

新しいキーワードを見つける」では、対策したいキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するキーワード候補一覧が表示され、それぞれの検索ボリュームや競合の強さなどをチェックすることができます。ターゲットのニーズを把握したり、想定していなかったキーワードを見つけたり、コンテンツを充足させるための新たなキーワードを見つけたりするのに役立ちます。
ブログや記事を書く際に使用するのは、主にこの「新しいキーワードを見つける」の機能です。

STEP
「新しいキーワードを見つける」をクリック
キーワードプランナーの使い方

まず、左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

STEP
SEOで狙いたいキーワードを入力する
キーワードの入力

SEO で狙いたいキーワードを入力します。ここでは例で「 seo 」と入力していますが、複数のキーワードを入力することも可能です。ここに入力したキーワードをもとに、Googleの膨大なデータベースから関連すると思われるキーワードを精査してくれます。
キーワードを入力したら「結果を表示」をクリック。

STEP
結果を確認し、新しいキーワードを見つける
キーワードボリュームの結果

先ほど指定したキーワードの関連キーワード一覧が表示されます。ここで注目すべきポイントは「月間平均検索ボリューム」と「競合性」です。検索ボリュームは正確な数字は出ないのですが、目安として100〜1000が「スモールキーワード」、1000〜1万が「ミドルキーワード」、1万〜10万以上が「ビッグキーワード」と考えると良いでしょう。「ビッグキーワード」かつ競合性が低いキーワードがあったら狙い目です。

①月間平均検索ボリューム

月間でこのキーワードが検索される数の平均値です。この検索ボリュームの値が大きいほど、検索結果の上位に表示された場合、多くのユーザーの流入が見込めます。

②競合性

競合性とは、広告出稿のライバルの多さを指します。この競合性が高いほど、SEO対策において競合が多いと判断することができます。

③ページ上部に掲載された広告の入札単価

推奨されている広告の入札単価が表示されています。こちらも入札単価が高ければ高いほど売上に繋がりやすく、競合も多いキーワードとなります。

入札単価とは:広告を出稿する際、その広告が1回クリックされたときに支払う最大の金額。

キーワードプランナーは、以前は無料でも全ての機能が使えるツールでしたが、2016年頃から仕様変更となり、Google広告を出稿していないアカウントは一部利用が制限されました。これにより検索ボリュームがあいまいな数値として表示されるようになってしまったのでこちらは参考程度に確認するようにしましょう。無料で具体的な数値を確認する場合は「Uber Suggest」がおすすめです。

キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の機能

検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、キーワードの検索ボリュームや予測データを調べることができ、実際に広告を出稿した際に得られる効果やおおよその予算などもシミュレーションすることができます。主に広告を出稿する際に使用する機能なので、ブログ記事を書く際のキーワード選定ツールにはあまり使用しないですが、せっかくなので解説しておきいます。
※キーワード選定ツールとしては「新しいキーワードを見つける」の機能がおすすめです。

STEP
「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック
検索ボリュームと予測データを確認

まず、右側の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

STEP
検索ボリューム・予測データを調べたいキーワードを入力
検索ボリュームと予測データを確認

狙おうと考えているキーワード候補を複数入力します。2~3つ以上の単語を繋げた複合キーワードでも調べると良いでしょう。
画像のように改行して入力もしくはカンマで区切って入力します。入力が終わったら、「開始する」をクリック。

調べるキーワードは、Googleのサジェスト機能や関連キーワードを参考にすると良いと思います。

STEP
結果を確認し、キーワードの検索ボリュームや予測データを確認する
キーワードの予測データの確認

あくまで広告出稿のためのツールなので、広告の費用やクリック率などの予測データを確認できます。

STEP
「過去の指標」で過去1年の検索ボリュームの推移を確認
過去の指標

「過去の指標」をクリックすると過去1年の検索ボリュームの推移を確認できます。「新しいキーワードを見つける」と同様に、月間の平均検索ボリューム、競合性、ページ上部に掲載された広告の入札単価を確認することができます。

キーワードプランナーの使い方まとめ

検索結果で上位に表示させるためには、まずはキーワードの適切な選定が必要不可欠です。今回ご紹介したキーワードプランナーの使い方をマスターして、ワンランク上のブログ運営を目指しましょう!

ブログ運用のためのコンサルも承っております。まずは、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ*

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる